どうして?ローン審査が通らない理由

どうして?ローン審査が通らない理由

ローンに必ずついている審査

どのようなローンでも、金融機関からお金を借りる際には最初にローン審査が行われます。この審査過程では、借り入れを申し込んだ人の返済能力が慎重にチェックされることになり、各金融機関ごとに決められている審査基準に基づいて行われます。審査基準ですが、具体的には雇用形態、年収、勤続年数、過去の借り入れや返済状況などが調べられることになります。金融機関によっては審査に通りやすい所もあれば通りにくい所もり、車検ローンを借りる場合でも、A社の審査には通ったけれどB社は審査落ちだったということも良くあります。

まずは顧客信用データベースへ情報照会

どこの金融機関にローンを申し込む場合でも、まず最初に行われるのは顧客信用データベースへ情報照会が行われて、過去の借り入れや返済状況について事故記録がないかどうかが照合されます。ローン申し込み用紙には、そうした点について自己申告する項目がついているので、もしも該当する場合には嘘をついたり隠したりしてもばれてしまうことなので、最初に正直に自己申告したほうが良いでしょう。金融機関の中でも銀行の場合には、こうした事故記録がついていると審査に通ることは難しいため、お金を借りにくくなってしまいます。しかし、審査基準が緩く設定されている消費者金融の中には、こうした事故記録がついていても内容次第で考慮してもらえる場合もありますから、あえられます。まず一つ目は、総量規制に引っ掛かっている事。貸金業法の中で設定されている総量規制というのは、消費者金融や信販系業者など貸金業法が適用されるすべての金融会社からの借り入れ合計が収入の3分の1を超えてはいけないというルールで、他社からの借り入れがある場合にはこの部分を注意しなければいけません。たとえ希望している借入額が少額の場合でも、総量規制に引っ掛かりそうな場合には審査落ちとなる場合が多いので、申込む際には自分であらかじめ現在の借入額がいくらなのかを把握しておいた方が良いでしょう。

過去の事故記録も、審査落ちの原因となります。事故記録は一定期間が過ぎれば抹消されるので、たった一度の返済遅延が一生マイナスの影響を与え続けるということはありません。しかし、もしも過去に債務整理をしている場合には注意が必要で、任意整理や民事再生でも5年間は事故記録が残りますし、自己破産している人だと10年間はあらゆるローンは組めなくなってしまうので注意しなければいけません。

ローン商品の選び方

必要なお金をローンとして借りる場合には、できるだけ低金利で借りられる金融商品を選ぶことが必要になりますが、商品によっては使用目的が制限されていたり、申込み条件が設定されていたりして、誰でも自由にすべてのローンに申し込めるというわけではありません。例えば車検のためのお金が必要な場合には、車検ローンという商品名になっていれば車検に使えることは想定できますが、自動車ローンとかマイカーローンの場合には自動車購入の時しか使えないローン商品も多いので、あらかじめリサーチしておきたいものですね。

借入商品は、自分でネットで探しても見つけることができますし、銀行などの金融機関に問い合わせることもできます。また、ディーラーや車検代行業者が取り扱っているローンもありますから、できるだけ複数のローンを比較検討しながら自分のニーズを満たしてくれるものを選びたいものです。それぞれ、申込んでから実際にお金を借りられるまでにかかる日数が異なっていたり、審査基準や金利なども異なります。今すぐにお金が必要な人や、どうして即日で今日中にお金がないと困るという場合には、申し込みから清さ、融資実行までの時間が短いフリーローンやカーロドーンなどを利用することを検討してみてください。金利は少し高めになることが多いのですが、スピード融資を受けやすくなります。