年収がローンに影響することはある?

年収がローンに影響することはある?

審査項目でも重要

銀行でも消費者金融でも、金融機関がお金を貸す際には、利用者が本当に返済してくれるのか、返済できる支払い能力があるのかどうかを慎重に審査されることになります。一般的に消費者金融の方が審査条件は緩くて通りやすいと言われていますが、それでも借入額によっては審査落ちする可能性はありますし、その際に年収が原因になってしまうこともあります。利用者の返済能力を調べる上で、年収という項目はその人が返済できるかどうかを判断する重要な材料となっています。

他社からの借り入れがある場合

車検にかかる費用は10万円~20万円程度が一般的です。他社からの借り入れがまったくない状態でこの金額を借りようという場合には、多くの金融機関では年収がチェックされることもなく審査にスンナリ通ることが多いようです。しかし、すでに他社からの借り入れがある場合には、総量規制に引っ掛かっていないかどうかを確認するために、年収がチェックされる場合があるので注意しなければいけません。消費者金融や信販系の業社からの借り入れ総額が収入の3分の1を超えてはいけないという総量規制のルールがあるので、どのラインが年収の3分の1になるのかを把握するという目的で収入証明書の提出が求められることがあるようです。

年収に関係なく借りる方法

年収に関係なく車検にかかる費用をローンで借りたい場合や、すでに他社からマックスで借りているけれどどうしても車検費用を借りたい場合には、銀行のフリーローンやカードローン、キャッシングなどの金融商品をチェックしてみると良いでしょう。銀行は一般的に審査基準は厳しくなっていますが、近年では使用目的が制限されていないフリーローンがとても人気があり、銀行口座を持っていれば主婦やパートなどでも借りられるケースも増えています。しかも、口座があれば審査に時間もかからず申し込んだ当日に借りられることも多いので、チェックしてみてください。