ローン審査に影響されないためには

ローン審査に影響されないためには

毎月少しずつ準備する

突然の病気やけがで急にまとまったお金が必要になってしまうことはありますが、自動車の車検のようにあらかじめ2年後にいくらぐらいの費用が必要になるのかが分かっている場合もあります。結婚費用や学費なども、前もって出費にが出ることは分かっているわけです。ギリギリまで何も準備せずに直前になって「お金がない!」というよりも、将来の出費に備えて毎月少しずつ準備をしておく生活習慣をつけてみてはいかがでしょうか。例えば2年後に20万円を準備したい場合には、毎月8333円を積み立てていけばよいわけですし、2年間で10万円を貯めたい場合には毎月4170円ほどの積み立てになるので、日常生活の中でもなんとかやりくりできるのではないでしょうか。

商品選びは慎重に

まとまった費用をローンで借りるという場合でも、銀行から借りるのか消費者金融から借りるのかによって審査基準は大きく異なりますし、審査にかかる日数や金利も変わってくるものです。急いでいる時には借り入れ条件よりもとにかく早く貸してくれるところを利用したほうが良いわけですし、逆に時間がたっぷりあるなら少しでも条件が良いところから借りたいものです。そのため、金融機関選びやローン商品選びは慎重に行うようにしましょう。

日数には余裕を持つこと

ローンの申し込みをしても、金融機関ごとに審査条件や基準は異なるので、A社は審査に通るけれどB社は審査落ちになってしまうということは珍しくありません。お金が必要になるギリギリの時にローンを申し込んで、それで審査に落ちてしまうのでは、誰でもパニックになってしまいます。しかし、できるだけ日数に余裕を持ってローンの申し込みをしていれば、パニックになることなく次の金融機関へ申し込みができるでしょうし、金利などの条件を比較しながら複数に申し込みすることもできますね。余裕を持って準備することは、直前で慌てないためにも必要な作業ですし、より良い条件でお金を借りるためには必要不可欠です。