ローン審査に通らない時にはどうすればよいのか?

ローン審査に通らない時にはどうすればよいのか?

金融機関を変えてみる

どうしてもお金が必要な場合でも、審査に通らなければ借りることはできません。もしもローンの申し込みをして審査落ちしてしまった場合には、別の金融機関へ申し込んでみることをおすすめします。金融機関ごとに審査基準は異なるので、A社よりもB社の方が基準が緩くて審査に通りやすいかもしれません。一般的には、審査に通りやすいのは銀行よりも消費者金融と言われていますが、その中でも規模が小さくなるほど審査基準が緩くなるので借りやすくなるようです。

借り方を変えてみる

申込んだローン商品を利用できなくても、カードローンやキャッシング、フリーローンとして借りることなら出来るかもしれません。多くの場合、車検ローンや医療ローンのように目的が特定されている借り入れ商品だと審査に数日間がかかってしまうことが多いのですが、カードローンのような目的自由な借り入れ商品だと申し込んだその日のうちに審査が行われることが多くなっています。即日融資ということは、金融機関側にとってものんびり時間をかけて審査している時間がないということなので、多くの場合にはスコアリングシステムを使った審査が行われています。このシステムだと、素早く審査できる上に審査基準も緩めになっていることが多いので借りやすいようです。

工夫できる点は工夫を

借入れる金額が少額だと、一度審査に落ちてしまうと工夫したり交渉できる部分はないことが多いのです。しかし、場合によっては保証人をつけることで審査に通らないか、自動車を担保に入れることで借りられないかと交渉してみる価値はあるようです。それでもどうしてもお金の工面ができない場合には、もっと別の方法を考えなければいけないわけですが、例えば医療ローンの場合には病院に事情を話して分割払いにできないか相談してみるとか、学費ローンなら教育機関に相談してみるという方法もあります。選択肢は一つだけということはないので、ローンを利用できないからと言ってあきらめないようにしたいものです。