ローン審査が通らない理由に心当たりがない時

ローン審査が通らない理由に心当たりがない時

間違いが起こる可能性はゼロではない

これまでに金融機関からの借り入れが無いのにローン審査に通らないとか、返済遅延は一度もないのに審査に通らないとか、また、クレジットカードを1枚しか持っていない正社員なのに少額の借り入れすら受けられないということは、本来ならあまり起こる可能性は低いのですが、ゼロではありません。その理由はいろいろ考えられますが、中でも注意したいのは、顧客信用データベースのデータミスです。

顧客信用データベースとは

顧客信用データベースというのは、銀行や消費者金融などの金融機関に借入の申し込みをするとまず最初に情報照会されるデータベースのことで、独立した機関となっているのが特徴です。国内には日本信用情報機構(JICC)やクレジット・インフォメーション・センター(CIC)、全国銀行協会(JBA)などがあり、そこで管理されている情報を金融機関が紹介し、現在と過去の借り入れ状況及び返済状況が管理されています。

管理されている内容

顧客信用データベースで管理されているのは、利用者の名前や生年月日、住所や電話番号など基本的な個人情報に加え、借り入れ状況や返済状況なども詳しく管理されています。もしも債務整理などの事故記録がある場合には、そうした情報も顧客信用データベースで一定期間保管されることになります。

ここで注意したいのは、同姓同名の人が同じ都道府県に住んでいると、場合によっては他人の情報と勘違いされて自分の借り入れ申し込みが審査落ちになってしまうことがあるという点です。マイナンバー制が導入されることによってこうしたトラブルは解消されることが予想されていますが、同姓同名の自分物の借り入れ状況が自分のものと間違えられてしまうのは、実に切ないものです。もしも借入の申し込みをしてもいつも審査落ちになってしまい、まったく身に覚えがないという場合には、顧客信用データベースへ問い合わせてみることも検討しましょう。