クレジットカードで費用を払う際に知っておきたい事

クレジットカードで費用を払う際に知っておきたい事

クレジットカードで払えるのか?

近年ではどんな金額のショッピングやサービスでもクレジットカード払いができる所が増えていて、10万円から20万円などまとまった金額でもカード払いをすることができます。現金を出来るだけ持ち歩きたくない人にとってはとても便利なサービスなのですが、どこまでカード払いにできるのかという点は注意が必要です。

法定費用や税金の取り扱い

例えば、自動車の車検は10万円から20万円ぐらいの費用がかかります。車検ローンなどもあり、かかる費用をカード払いできる業者やサービスがたくさんありますが、車検に含まれている自賠責保険のような法定費用の取り扱いについては、業者ごとに対応が異なっています。基本的に法定費用は後払い出来ない業者が多く、車検の場合には法定費用は現金で、残りはカード払いでもOKとなりますが、全国チェーンのようにし筋力が豊富なサービス業社になると、法定費用も含めてカード払いを受け付けている所も増えています。ただし法定費用のクレジットカード払いというのは、業者の好意で「立て替え払い」をしてくれているのだと考えましょう。

利用限度額も注意が必要

クレジットカードで支払いをする場合、カードごとに毎月の利用限度額は決められていて、その金額を超えては使うことができません。普段からカード払いが多い人は、毎月自分がいくら使っているのかをきちんと管理しておきましょう。例えば、毎月の利用上限額が10万円のクレジットカードを持っていて、すでに今月は8万円使ってしまったという場合、残りの2万円まではカード利用できますが、2万円以上のショッピングでは承認が下りないので使用することはできません。まとまった出費にカード払いを計画している人は、そうした点もきちんと管理して事前に準備しておいた方が良いでしょう。少しぐらいなら超えてもOKというカード発行会社は少なく、1000円でも超えると承認が却下されてしまうことが一般的です。