ローン審査に通りやすくなるコツ

ローン審査に通りやすくなるコツ

転職は少し待とう

ローンを申し込むと、まず最初に審査が行われますが、そこでは収入や他社からの借り入れなどが調べられると同時に、勤続年数や勤務先などについても慎重に審査が行われます。ここで気を付けなければいけないのは、転職したばかりだと、いくらそれまで長く勤めていた会社があっても審査落ちの対象となってしまうということです。年収が少なくても勤続年数が長い方が金融機関にとっては「社会的に信用できる人物」ということになり、審査に通りやすくなります。転職を考えている人は、まずはローン審査に通ってから転職を実行するようにしましょう。このタイミングを間違えると、借りたくても借りられなくなってしまいます。

日数には余裕を持とう

まとまった費用が必要になる場合、事前に分かっていることが多いものです。その際にはローンを利用することになるのか現金でまかなえるのかも予めおおよその検討がついているわけですから、ギリギリになるまで何もせずに直前になって慌てるというのは、準備不足と言えるでしょう。どんな借入商品があって、それぞれどんな条件で金利はいくらなのかをリサーチしておきましょう。審査条件は金融機関ごとに異なるので、A社では審査落ちになってもB社なら通るということはあるものです。お金が必要になるギリギリまで待ってしまうと、そうした審査落ちなどがパニックの原因になるので気をつけてくださいね。

頭金を準備する

まとまった費用が必要になる場合、「手持ちがゼロなのでお金を借りたい」という人よりも「10万円はあるけれど不足する分を借りたい」という人の方が、金融機関の審査には通りやすくなるようです。また、いくらか頭金を準備しておいた方がローン返済も楽になりますし、早めの完済を目指すこともできるのではないでしょうか。まとまった金額を借りる時には審査もどうしても厳しくなりますから、少しでも審査に通りやすい工夫をしておくと安心ですね。